消滅時効とは?

 簡単に言うと例えば、個人的に人にお金を貸したまま、 何も請求したりせずに10年が経過してしまうとお金を貸した人が借りた人にお金の返還を請求出来る権利が消滅してしまうのです、これを消滅時効といいます。(商事債権の消滅時効は5年)

 しかし10年以内に内容証明を借りた人に送れば6ヶ月間時効を中断させることが出来、その間に裁判上の請求(裁判を提起する)などをして勝訴判決を得れば時効は中断しますし、裁判を提起した際に相手に送った内容証明が書証(証拠書類)として重要な役割を果たします。