株式会社設立までの流れ

 株式会社の設立方法には「発起設立」「募集設立」の二種類があります。
「発起設立」とは、会社設立時に発行する株式の全てを発起人が引き受ける設立形態をいい、
「募集設立」とは、会社設立時に発行する株式の一部だけを発起人が引き受け、残りの株式については、 他に株主となる人を募集する設立形態をいいます。
 実際は「発起設立」を選択される事がほとんどですので、手続きも簡単で設立までにかかる時間も短い「発起設立」をお奨めします。                  
1.会社の基本事項の決定
 商号・事業目的・本店所在地・資本金・発起人・役員・営業年度などの会社を設立する上での必要事項を決定していきます。
  会社設立チェックシートをお渡しして、当事務所がアドバイスさせていただきながら決定していたきますので、非常に簡単です。
矢印下小1
2.類似商号の有無の確認
 会社の本店所在地を管轄する法務局で確認します。
矢印下小1
3.会社の各種印鑑を作成する
 商号調査で類似商号がなければ会社設立に必要な会社実印や今後取引等で必要となってくる角印や銀行印を作成しておきます。
矢印下小1
4.発起人や役員予定者の印鑑証明などを準備
 後の登記申請に必要となる発起人や役員予定者の実印や印鑑証明などの必要書類等を準備しておきます。
矢印下小1
5.定款の作成及び認証
 会社の組織や運営などを定めた云わば「会社の憲法」にあたる定款を絶対的記載事項に注意しながら各種事項を決定及び選任し、 作成が完了すれば公証役場で定款の認証を受けます。
(当事務所で電子定款認証を受ければ印紙税4万円がいりません。)
矢印下小1
6.資本金の払い込み
 資本金の払込みを発起人個人の銀行口座へ振り込みして保管証明書や残高証明を取得し、 現物出資財産がある場合は「財産引継書」を作成します。
矢印下小1
7.設立登記申請
 定款や今までに用意しておいた書類やその他必要書類を添付して法務局へ会社設立登記を申請します。
  資本金の払込み後、2週間以内に法務局へ登記申請をします。
 (提携している司法書士に依頼)
矢印下小1
8.会社成立
 設立後の各種届出を行う
(登記事項証明書、印鑑証明の取得、税務関係の届出、社会保険、労働保険関係の届出)
矢印下中1
会社設立用申込フォーム