許可要件の内訳

(1)講習会の受講

 (財)日本産業廃棄物処理振興センターが実施する「産業廃棄物処理業の許可申請に関する講習会の収集運搬課程」を以下の方が修了していることが必要です。

法人の場合であれば、その代表者若しくはその業務を行う役員(監査役を除く)又は業を行おうとする区域に存する事業場の代表者
個人の場合であれば、当該者又は業を行おうとする区域に存する事業場の代表者

※なお、産業廃棄物収集運搬業の許可を新規に申請される場合には、原則として新規許可講習会の受講が必要です。

(2)経理的基礎

 業務を的確に、かつ、継続して行うことができる経理的基礎を有することが必要です。審査にあたっては、 経理的基礎を有するか否かを判断するために、 申請添付書類以外に経営状況に関する書類等の提出を別途求められることがあります。

(3) 事業計画書の作成

 産業廃棄物収集運搬業の事業計画の要件については、その内容が計画的に実施され、適法であり、業務量に応じた施設や人員などの業務遂行体制を整えていることが必要となります。 収集運搬業を始めるにあたり、産業廃棄物の「排出元」「運搬先」「運搬量」「運搬方法」などの予定をまとめて収集運搬事業計画を作成しておく必要があります。

(4)欠格要件

 申請者(個人事業主、法人、法人の役員、株主又は出資者、政令で定める使用人も対象)が次の様なケースに該当しないことが必要です。
 また、許可後、欠格要件に該当することとなったとき、許可が取り消されることとなります。

  
成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得ないもの
禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から五年を経過しない者
この法律、浄化槽法その他生活環境の保全を目的とする法令で政令で定めるもの若しくはこれらの法令に基づく処分、 又は刑法第204条(傷害) 、第206条(現場助勢)、第208条(暴行)、第208条の3(凶器準備集合及び結集)、 第222条(脅迫)、第247条(背任)、暴力行為等処罰ニ関スル法律の罪を犯し、罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、 又は執行を受けることがなくなった日から五年を経過しない者
暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律に規定する暴力団員又は暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者
一般廃棄物収集運搬・処分業若しくは(特別管理)産業廃棄物収集運搬・処分業又は浄化槽法第四十一条第二項 の規定により許可を取り消され、 その取消しの日から五年を経過しない者
一般廃棄物収集運搬・処分業若しくは(特別管理)産業廃棄物収集運搬・処分業又は浄化槽法第四十一条第二項 の規定による許可の取消しの処分に係る行政手続法第十五条 の規定による通知があつた日から当該処分をする日又は処分をしないことを決定する日までの間に第七条 の二第三項の規定による一般廃棄物若しくは産業廃棄物の収集若しくは運搬若しくは処分(再生することを含む。) の事業のいずれかの事業の全部の廃止の届出又は浄化槽法第三十八条第五号 に該当する旨の同条 の規定による届出をした者 (当該事業の廃止について相当の理由がある者を除く。)で、当該届出の日から五年を経過しないもの


(5)施設に係る基準

 産業廃棄物収集運搬業の場合、産業廃棄物が飛散や流出したり悪臭が漏れるおそれのない運搬車、運搬船、運搬容器その他の運搬施設を有する必要があります。

運搬施設を有することについて

運搬車両は、自己の事業に供されるものであることから、自動車検査証の所有者
(所有者が他者である場合は使用者)が申請者自身である運搬車両であること。)
・ (特別管理)産業廃棄物が飛散し、及び流出し、並びに悪臭が漏れるおそれのない運搬施設について
@ 運搬車両について
ア.がれき類を運搬する車両は、原則としてダンプ型の運搬車両であること。ダンプ型以外の運搬車両で運搬する場合は、強固(金属等)な収納容器に収容し積載すること。
(運搬車両は収納容器が積載可能なものに限る。)
イ.感染性産業廃棄物を運搬する車両は、原則として保冷車であること。
保冷車以外の運搬車両で運搬する場合は、感染性産業廃棄物を収容した収納容器を収容できる車載専用かつ感染性産業廃棄物専用の保冷装置(荷室に強固に固定)に収容し積載すること。(運搬車両は密閉式ボディ又は密閉式荷室のものに限る。)
A その他の運搬施設について
ア.燃え殻、汚泥、ばいじん、鉱さい等粉末又は泥状の産業廃棄物を直接積載することが不適当な運搬車両で運搬する場合は、 オープンドラム、フレコン袋等の収納容器に収容し積載すること。(運搬車両は収納容器が積載可能なものに限る。)
イ.廃油、廃酸又は廃アルカリ等液状の産業廃棄物を直接積載することが不適当な運搬車両で運搬する場合は、ポリタンク等の収納容器に収容し積載すること。
(運搬車両は収納容器が積載可能なものに限る。)
B 不適格な運搬施設について
荷台に側板等を設置し積載能力以上の積載が行われる恐れのある運搬車両、違法な改造がされた運搬車両等は、 (特別管理)産業廃棄物が飛散し、及び流出し、並びに悪臭が漏れるおそれのない運搬施設とみなされません。