産業廃棄物収集運搬業の許可に関して

 他人から委託を受けて産業廃棄物の収集又は運搬を行う者は、業務を行おうとする区域(産業廃棄物の積み場所、卸し場所)を 管轄する都道府県知事(政令で定める市にあっては市長[京都府内の政令で定める市は京都市のみ])の許可を受けなければならず、 無許可で営業したり無許可業者へ処理の委託や名義を貸与した等の場合には五年以下の懲役若しくは一千万円以下の罰金(法人には1億円以下の罰金)、又は併科という 大変厳しい罰則が科せられます。

 上記の罰則の強化に加えて地球環境保護に対する国際的な関心の高まりや事業として産業廃棄物に関わる者への法令遵守 (コンプライアンス)の程度もますます高くなっており、 最近では収集運搬業の許可を持っていないと取引をしてくれない元請業者も多く、廃棄物に関わる者への規制は年々厳しくなっており、取得される業者様が急増しています。

 しかし産業廃棄物の許可を取得するには、まず下記の許可要件をクリアしていなければならなかったり、 手続きが煩雑なためにどうしたらいいかわからないとの相談を当事務所に数多く寄せていただいております。

許可の要件

 許可を受けるためには下記の要件を満たしていなければなりません。
  (1)産業廃棄物収集運搬許可に関する講習会の受講
  (2)経理的基礎を有すること
  (3)事業計画書の作成
  (4)欠格要件に該当しないこと
  (5)必要な設備が備わっていること

       

180_144_104_176.gif

産業廃棄物処理業収集運搬許可なら当事務所にお任せください、 許可取得まで全てをサポートさせていただきます。



   
180_144_104_171.gif