消滅時効の援用とは?

 お金を借りた人が10年間の消滅時効期間が経過しているのでもう返済しないという意思表示をお金を貸した人に対して主張します、これを消滅時効の援用と言います。

 何故こういうことをしなければならないかというと、消滅時効というのは期間が経過しさえすれば時効が成立するのではなく、消滅時効の援用をしてはじめて権利義務関係が確定します。

 なんで、仮にお金を貸した人が返済を請求してきたときに、「消滅時効を援用します」と主張すれば、法的に返済をしなくてもよくなるので、これを改めてお金を貸した人に対して内容証明で援用すると効果的です。