いつまでも
相続手続きの流れ

相続問題でお悩みの方へ

 相続問題は、誰でもが遅かれ早かれ必ず直面する問題です。人の死というものは思いがけず突然やってきます。「相続」は、人が死亡した瞬間から始まります。

 故人を亡くされた深い悲しみの中で慣れない手続きをおこなうには、あまりにも気の遠くなる思いですし、 何から取りかかればいいのか、どういうことに気をつけなければいけないのか、簡単に処理出来そうで、出来ないのが遺産相続や遺産分割です。

 さらにお金・財産が絡む相続では人間の「欲」が絡んできますので、一度話がこじれると関係修復が不可能になる可能性があります。

おじいちゃんと孫  ただ、きちんとした手順にのっとり、我々専門家のサポートを受けながら確実に手続きを進めていけばトラブルを回避し、早期に相続手続きを完了させることが出来ます。

 何度もやり直しが出来ない相続手続き、相続手続きの事なら当事務所にお任せ下さい。

 当事務所では、司法書士・税理士等の専門家と連携して、相続手続の法的総合支援サービスを行っていますので安心してご依頼いただけます。

・相続財産の調査

 亡くなられた方が所有しておられた財産が、どの様なもので、どれくらいあるのかを調査してはっきりしなければなりません。

 ここでいう相続財産とは貯金や不動産などのプラスの財産だけでなく、住宅ローンや自動車ローンなどマイナスの財産も相続財産となります。

 しっかり調査しておかないと、後に税務署から相続税の督促を受ける場合がありますし、また、 相続税の申告が必要かどうか、マイナスの財産ばかりで相続をしたくない場合に相続自体をするのかしないのかの判断をするためにも、 しっかりと相続財産を把握しておく必要があります。 

・相続人の確定

 亡くなられた方と相続人の関係にあられる方がどれだけおられるのかを調査する必要があります。

 きちんと相続人を調査して確定しておかないと、遺産分割協議書を取り交わした後に新たな相続人が現れた場合、遺産分割協議書は無効となってしまうのでお気をつけください。

 当事務所では相続人の調査がかなり複雑な場合でも、相続人確定のためとして職権で戸籍謄本などを取り寄せて相続人を確定していくので、安心してご依頼いただけます。

・遺産分割協議書の作成

 遺産分割協議書とは、相続人が確定し、相続財産も明らかになった後、被相続人(亡くなった人)の遺産を、誰が、何を、 どのくらい取得するのかといった内容を相続人が話し合って明確にし、合意した内容を後々のトラブルを防止するために作成される書面です。

 事前に相続財産の分割方法など、相続人全員が取り決めし合意した内容を書面に記載するのですが、一人でも反対される相続人がおられると協議は成立しません。

 被相続人名義の不動産等の名義を変更する場合は必要となりますので、後の紛争を防止するためにも必ず遺産分割協議書を作成しておきましょう。



相続の手続なら当事務所にお任せください、細かい部分までをフルサポートさせて
いただきます。